アプリケーターと圧着範囲

圧着システムに使用されるアプリケーターと圧着範囲の説明です。

アプリケーターについて

アプリケーターとは、リボン端子をカットし、フォーミングし圧着端子にする圧着機リボンクリンパーに取り付けるツールです。アプリケーターによって、圧着端子の大きさが変わり、圧着するワークの大きさによってアプリケーターの型番が決まります。

アプリケーターの動きとリボン端子の変化のイメージ

アプリケーターの動きとリボン端子の変化のイメージ

アプリケーターと圧着範囲

アプリケーター
型番
圧着ワーク
合計断面積 ㎟ 単線径 ㎜
100 0.02~0.08 0.10×2本~0.22×2本
125 0.06~0.26 0.20×2本~0.41×2本
150 0.20~0.40 0.36×2本~0.50×2本
175 0.25~0.48 0.40×2本~0.55×2本
225 0.46~1.00 0.54×2本~0.80×2本
255 0.90~1.60 0.75×2本~1.00×2本
295 1.40~2.30 0.95×2本~1.20×2本
360 2.10~3.10 1.15×2本~1.40×2本

数値は、使用する端子の厚みなどで変化いたしますので、参考値とさせてください。
サンプル製作やテストを行ったあと、アプリケーターの型番を決定いたします。

圧着端子形状について

圧着機リボンクリンパーは、アプリケーターを取り換えることができます。
使用するアプリケーターによって、圧着端子の大きさを変えることができます。アプリケーターを取り換えることによって、様々な大きさの圧着端子に対応することが可能になり、圧着したいワークの種類を増やすことが可能になります。

幅やサイズの多様性のイメージ

標準の圧着端子形状以外にも、アプリケーターによって、端子の形状を特殊にすることが可能です。

  • オフセットタイプ オフセットタイプのイメージ 主に単線同士の圧着で、単線径が異なる場合に使用されます。
  • 楕円形状 楕円形状のイメージ 同軸ケーブルのシールド線のまとめ等で使用されます。
  • 標準 標準のイメージ ほとんどの圧着がこの標準の形状でまかなえます。